17 お出掛けの最近のブログ記事

7/5
 
 長野県飯田市へ納品に行きました
納品後、「温泉へ行こう!」と家内と出掛けました
飯田市内の日帰り温泉施設へ行こうと思いましたが、定休日
 
で、どこへ行こうかと

「たまには、遠くもいいじゃない」と
 
 パワースポットで有名な、伊那市の「ゼロ磁場 分杭峠」へ、向かいました
ここは何年か前に、1回行ったことがありました
前回は、すぐ近くに駐車場があり、そこに車を止めて、歩いてすぐのところにありましたが、今回行ってみると、駐車場は閉鎖され、シャトルバスをご利用くださいとのことでした
とりあえず、シャトルバス発着場へは行きましたが、時間の関係で断念

 シャトルバス発着場近くの「入野谷」という温泉旅館で、温泉に浸かってきました

KC3Q0022.JPG
 帰りがけ、家内が、フロントの前で、「ゼロ磁場の地下水」を使った、どら焼き「気ドラ」を発見
 
気どら
 先週土曜日(6/30) 松本市で開催された「IT講習会}にで、お会いし、フェースブック友達になっていた和菓子屋さん「高遠 あかはね」の赤羽さんの投稿にあったのを思い出し、 お土産に買って帰りました
 
 
 
 ウィキペディアより
 
分杭峠
 
分杭峠(ぶんぐいとうげ)[1]は、長野県伊那市と下伊那郡大鹿村との境界に位置する標高1,424mの峠である。
静岡県浜松市の秋葉神社へ向かう街道として古くから利用された秋葉街道の峠の一つである。秋葉街道は西日本の地質を内帯と外帯に二分する中央構造線の断層谷を利用した街道であり、分杭峠は中央構造線の谷中分水界にあたる。
 
ゼロ磁場 
 
分杭峠は、一部の人々から「健康に良い『気』を発生させるゼロ磁場地域である」と言われ、マイナスイオンブームの際にマスコミに取り上げられた。中国の気功師・張志祥が来日した際、分杭峠に「気場」を発見したとされる。
日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っている、という理由から「エネルギーが凝縮しているゼロ磁場であり、世界でも有数のパワースポットである」とされている[2]。2009年にテレビ・ラジオや雑誌で分杭峠のゼロ磁場が大きく取り上げられ、分杭峠に来る観光客が急増した[3]。
しかし、こうした考えは科学的に解明されたものではなく、疑似科学の一つと見なされている。中央構造線博物館の学芸員を勤める河本和朗は「地震を発生していないときの断層は,力学的には周囲の岩盤と同じ」と指摘し、「『断層で岩盤が押し合っている』という考えは地球物理的に誤りである」としている
 
 
 
 

★    ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★  

 

マツイ額縁ホームページ >>> http://gaku8.com/

マツイ額縁ショッピングサイト >>> http://gaku8.shop-pro.jp/

マツイ額縁へのお問合せ >>> http://www.gaku8.com/40/40.html

マツイ額縁 電話・FAXでのお問合せ >>> 0573-75-2233

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 
6/30
 
 初めてのホタル撮影に長野県辰野町へ行って来ました
長野県松本市で、IT工講習会を受講し、その後で、総勢17名、カメラ抱えて行って来ました
プロ級のカメラマンも何名かいて、教わりながら撮りました

 多重合成も試みましたが、ちょっと嫌味になってしまうので、サイズ変更のみの加工です
 
IMG_0157.JPG IMG_0177.JPG IMG_0178.JPG
IMG_0180.JPG
ホタル2
ホタル 1
ホタル
 肉眼では、光の点滅にしか見えませんが、20~30秒の露光でこんな感じになります
 
 
 
 
 

★    ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★  

 

マツイ額縁ホームページ >>> http://gaku8.com/

マツイ額縁ショッピングサイト >>> http://gaku8.shop-pro.jp/

マツイ額縁へのお問合せ >>> http://www.gaku8.com/40/40.html

マツイ額縁 電話・FAXでのお問合せ >>> 0573-75-2233

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 
2/21
 
 長野県飯田市へ月に、1~2度、納品に行っています
 
 長野県木曽郡南木曽町から国道256号線で下伊那郡阿智村へ出て、飯田市へ行っています
 
 納品の帰り道、阿智村の「昼神温泉」を過ぎて、少し南木曽町方面へ走ると、こんな看板があります。阿智村清内路地区
 
姿見不動滝
 ここを、通るたびに気にはなっていましたが、一度も行ったことはありませんでした
 
 先日、行った「白川氷柱群」のことをネットで調べているとき、「姿見不動滝」も、冬場は氷結しているとの情報を得ました
 
で、納品の途中で行ってみると、
 
 姿見不動滝
 落差20m
 
写真左側には
 
姿見不動滝
 工場から、車で30分強 納品先までの、ほぼ中間点です
 
近くにも、探せば、素晴らしい所が、あるんですよね。四季それぞれの楽しみ、また、カメラを持って、出かけたいと思っています
 
 

★    ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★  

 

マツイ額縁ホームページ >>> http://gaku8.com/

マツイ額縁ショッピングサイト >>> http://gaku8.shop-pro.jp/

マツイ額縁へのお問合せ >>> http://www.gaku8.com/40/40.html

マツイ額縁 電話・FAXでのお問合せ >>> 0573-75-2233

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

 

2/19
 日曜日でしたが、いつものことですが、仕事でした
これまた、いつものことながら、午後3時過ぎ、フッと思いつき、車で1時間半弱、長野県木曽町三岳井原地区にある「白川氷柱群」を見に行って来ました
 
 行く前にネットで調べてみると、「最低気温が-10℃~-20℃にもなる真冬、木曽御嶽山麓の西野川右岸の崖の上や壁面から流れ出す地下水が凍り、幅約250m、高さ50mの大氷柱ができます。青白い氷が氷河のような自然の造形美を見せてくれ、壮観です。日没後の夜6時~10時はライトアップもされます。寒さが続いた日ほど見事に凍ります。」とありました
 
 民宿「小坂温泉けやきの湯」の駐車場に、車を止めさせてもらい、すぐ裏手にある「白川氷柱群」を見に行きました
 
IMG_0322.JPG
IMG_0320.JPG
IMG_0340.JPG
 ライトアップの始まるまでの時間を利用して、民宿「小坂温泉けやきの湯」で夕食を摂りました
「岩魚定食」を注文
IMG_0360.JPG
夕食後、再び、ライトアップされた「白川氷柱群」へ
IMG_0363.JPG
 さすがに寒いです。写真だけ撮って、再び 「小坂温泉けやきの湯」へ、
せっかくの温泉なので、やっぱり、温泉に入らねば・・・
食事と入浴だけでしたが、民宿「小坂温泉けやきの湯」のスタッフは、とても、親切な方々で、ゆっくりさせて頂きました。感謝です
 
5時間弱の小ドライブ、温泉にも浸かって、心も体もリフレッシュ♪
 
 
 

★    ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★  

 

マツイ額縁ホームページ >>> http://gaku8.com/

マツイ額縁ショッピングサイト >>> http://gaku8.shop-pro.jp/

マツイ額縁へのお問合せ >>> http://www.gaku8.com/40/40.html

マツイ額縁 電話・FAXでのお問合せ >>> 0573-75-2233

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

伊勢神宮~白浜~太地  http://gaku8.com/blog/2011/04/post-139.html

伊勢神宮~白浜~太地 2日目  http://gaku8.com/blog/2011/04/2-7.html

伊勢神宮~白浜~太地 2日目 夕日   http://gaku8.com/blog/2011/04/-nb-3.html

と、書いてきましたが、この旅行の最終日になります

 

 旅館を後にし、JRの特急で、白浜から太地へ移動

 本日の目的地へと思ったのですが、まずは、腹ごしらえということで、駅にある観光協会で、食堂を聞くと。太地町営国民宿舎「白鯨」を教えてくれました。 太地駅前から、町内巡回バスで、太地町営国民宿舎「白鯨」へ、

 国民宿舎の海が見える食堂で、

私は、「くじらのカツセット」

家内は、「くじらの竜田揚げセット」を注文しました

やはり、ここは、捕鯨で有名な太地町だから、当然、「くじら料理」ですよね

家内と、小学校の給食で食べた「くじらの竜田揚げ」の話などしながら、おいしくいただきました

 

 昼食後、ひとつ前のバス停まで徒歩で戻り、目的地へ、

 

 今回の旅行の大きな目的のひとつ、 「太地町立くじらの博物館」

捕鯨の歴史が、いっぱい詰まった博物館です

当然ですが、はじめて見るものばかりで、大変興味深く、充分楽しめました

くじら博物館

 

  この企画展を、企画された学芸員のSさんにお会いすることを楽しみにしていました

 以前、ネットから、お問合せ頂き、電話でお話させていただいたり、メールでやり取りさせていただいたりで、親しくしてもらっていました

 前回の企画展用に、クリ、ナラ材を、植物性のオイルで仕上げた、シンプルなデザインのフレームを20数点ご注文いただいていました。今回も、写真、絵画を入れ替えて、使っていただいていました

_MG_6576.JPG _MG_6573.JPG

_MG_6574.JPG  _MG_6581.JPG

_MG_6579.JPG  _MG_6575.JPG

 

 ずっと、お会いしたかった学芸員のSさんとご対面

初めてお会いするのに、初めてでは無いような気がしました

 学芸員のSさんは、仕事中でしたが、館内を丁寧に、ご案内くださいました

フレームを大変気に入っていただけたようで、ひと安心です

 これからの博物館の構想なども話していただき、この博物館に対する思い入れの強さに、私も仕事に対する刺激をいただいてきました

 きっと、より良い博物館になっていくことでしょう!! 期待しています

 

 「ここは交通アクセスが悪いから、隣の勝浦駅まで車で、送りますよ」と、お心遣い頂き、遠慮なく送っていただきました。大変お世話になりました。ありがとうございました

 勝浦からは、JRの特急で名古屋へ、そして、JRで、私の最寄り駅「坂下」」へ

 

 
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★   ☆
 

マツイ額縁ホームページ >>> http://gaku8.com/

マツイ額縁ショッピングサイト >>> http://gaku8.shop-pro.jp/

マツイ額縁へのお問合せ >>> http://www.gaku8.com/40/40.html

マツイ額縁 電話・FAXでのお問合せ >>> 0573-75-2233

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

  このシリーズも3回目になりましたが、もう少しお付き合いください

私が楽しみにしていた「海に沈む夕日」を見ることが出来ました

南紀白浜の夕日

 

白浜

白浜

 白浜

 

  この日は、1日、「和歌山アドベンチャーワールド」で、「双子の赤ちゃんパンダ」を堪能し、夕方は、旅館にもどり、旅館の前の「白良浜」から、「海に沈む夕日」をゆっくり眺めて・・・

 いよいよ、翌日は、太地町へ向かいます・・・どんな出会いが・・・・

 
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★   ☆
 

マツイ額縁ホームページ >>> http://gaku8.com/

マツイ額縁ショッピングサイト >>> http://gaku8.shop-pro.jp/

マツイ額縁へのお問合せ >>> http://www.gaku8.com/40/40.html

マツイ額縁 電話・FAXでのお問合せ >>> 0573-75-2233

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

  前々回のブログ記事 「伊勢神宮~白浜~太地」の続編です

思わぬアクシデントで、旅館へ到着したときには、周囲は真っ暗になっていました

 

白浜  翌朝、旅館の窓からは、「白良浜」が見えました。。普段は、見られない「白い砂浜」と、「青い海」「キレイな青空」が広がっていました

 

 

 山の中で、生活していると、こんな光景に感動します

 

 

 早速、カメラ片手に、散歩に出掛けました

 

 2月後半にしては、暖かな朝でした

 

 浜辺で、普段味わえない、「ゆっくりした時間」を楽しみました

 

 そして、バスで、 「和歌山 アドベンチャーワールド」

 

_MG_6521.JPG

 

 

 

 お目当ては、「ふたごの赤ちゃんパンダ」

 

 

 

「海浜」と「陽浜」

 

 平日ということもあり、館内は、空いていました

 

 お母さんパンダは、黙々と笹を食べています

 

 赤ちゃんパンダは、2頭 で、仲良く遊んでいました

 

  _MG_6531a.JPG     

 

 

 家内は、お母さんパンダのように、パンダのブースの前で、カメラ片手に、長い時間、じっと、、「ふたごの赤ちゃんパンダ」に見入っていました(こんなこと書くと、家内に怒られる かも?)

 

 普段、味わえない、ゆっくりとした「癒し」の時間になったことでしょう?

 

_MG_6531.JPG

 そして、夕刻が迫り、タクシーで、旅館へ

 
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★   ☆
 

マツイ額縁ホームページ >>> http://gaku8.com/

マツイ額縁ショッピングサイト >>> http://gaku8.shop-pro.jp/

マツイ額縁へのお問合せ >>> http://www.gaku8.com/40/40.html

マツイ額縁 電話・FAXでのお問合せ >>> 0573-75-2233

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

  もう1ヶ月半も前のことですが・・・

何年がぶりに、旅行に行って来ました

 娘の就職も決まり、家族旅行をしようかということになったのですが、娘もいろいろと忙しく、なかなか、日程が合わず、結局、昨年、結婚20周年を迎えたので、その記念にということで、妻と二人で出掛けました

 

 まずは、最寄り駅始発のJRで、名古屋へ、

名古屋から近鉄特急を使い、宇治山田へ、

バスで、伊勢神宮内宮へ

伊勢神宮

 

 この階段を登った先が、「内宮」

 

 2月後半の平日だというのに、多くの人で、にぎわっていました

 

 

 

 

伊勢神宮

 

 

 「内宮」の横には、「式年遷宮御敷地」が、塀に囲まれてありました

 

 「式年遷宮」と言えば、私の住む「中津川市」と隣の「長野県木曽地区」から、毎回、「御神木」の「木曽檜」が運ばれています

 

 本日の宿泊地は 「和歌山県白浜」の温泉旅館が予約してあるので、急ぎ足で、散策

 お昼過ぎには、宇治山田から、近鉄特急で大阪方面へ

 天王寺、15時17分のJR「スーパーくろしお17号」で、約2時間で白浜へ

 「天気も良いし、海に沈む夕日が見えるね」と、のんきに、話していました

 ところが・・・・

 1時間ほど走ると、電車がスピードを落とし、停車予定のない小さな駅に停車

 「どうしたんだろう?」と思っていると、車内放送で、発車直後に、白浜、紀伊田辺で大きな地震があり、電線、線路の安全確認のため、停車したと説明がありました

 その後、徐行と停車を繰り返し、窓の外は段々と暗くなってきました

 「いつ着くんだろう?」と不安にはなりましたが、それよりも、安全が第一

 携帯で、旅館に連絡を取りました

「もし、遅くなるようなら、途中で旅館を探してくれてもいい、キャンセル料はとらない」と、「8時までに入れれば、食事を準備しておく、また、何時になっても、部屋は準備しておく」と言ってくださいました

 徐行、停車を繰り返し、何とか、「白浜」へ、1時間弱で着くところを4時間かけて、8時少し過ぎに到着。タクシーで、旅館へ。事前に連絡をいておいたので、8時は過ぎていましたが、夕食をとることが出来ました

 楽しみにしていた、「海に沈む夕日」は、翌日の楽しみに・・・

 

 

 
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★   ☆
 

マツイ額縁ホームページ >>> http://gaku8.com/

マツイ額縁ショッピングサイト >>> http://gaku8.shop-pro.jp/

マツイ額縁へのお問合せ >>> http://www.gaku8.com/40/40.html

マツイ額縁 電話・FAXでのお問合せ >>> 0573-75-2233

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 
 
画像をクリック!!
 
homepage2013.JPG
netshop.JPG
 
 
 
  • プロフィール

1117371_100002038638292_1466969396_qb170.jpg

 

マツイ額縁 代表 松井裕司

岐阜県中津川市坂下368

TEL FAX 0573-75-2233

 

  • 「天然木」のポスターフレーム・キルトフレーム・クロスステッチフレーム・フォトフレーム・賞状額等、各種額縁の製造卸・製造小売。オーダーも承ります

1963年 父が大手額縁メーカーの協力工場としてスタート

1976年 家業を継ぐべく、親会社に就職

1978年 父のもとに戻り、両親と共に働く

2004年 オリジナルブランド「再・遊・樹」が第1回岐阜県新商品開発章受賞

2004年 父が高齢のため、廃業

2005年 家業を引き継ぎ、開業 現在2代目

2005年 岐阜県廃棄物リサイクル認定製品(認定No.181)に認定される


otoiawase 3.gif
otoiawase 4.gif


最近のコメント

 

 

logo41.gif

無垢材のポスターフレー

ナラポスターフレーム

ナラ無垢材

 

ウォルナット無垢材ポスターフレーム

ウォルナット無垢材

 

米ツガ無垢材ポスターフレーム

米ツガ無垢材

 

お札用フレーム

きそひのきお札用フレーム(額縁)

きそひのき